肝油ドロップをご利用の際には、缶や説明書に記載しております「用法用量」「摂取方法」等を正しくお守りいただきますよう、お願いいたします。

肝油ドロップの成分であるビタミンA、ビタミンDは体に貯えられる性質があり、貯えられた物から必要に応じて使われるため、必要以上に摂取した場合に下記のような過剰症を引き起こす恐れがあります。

  成人 乳児
ビタミンA 急性
中毒
50万IU(国際単位)以上を一度に摂取
(『カワイ肝油ドロップM400』で500粒以上)
20万IU(国際単位)以上を一度に摂取
(『カワイ肝油ドロップM400』で200粒以上)
慢性
中毒
10万IU(国際単位)以上を1ヶ月以上継続的に摂取
(『カワイ肝油ドロップM400』で100粒以上)
2万IU(国際単位)以上を1ヶ月以上継続的に摂取
(『カワイ肝油ドロップM400』で20粒以上)
ビタミンD 急性
中毒
100万IU(国際単位)以上を一度に摂取
(『カワイ肝油ドロッップM400』で1万粒以上)
10万IU(国際単位)以上を一度に摂取
(『カワイ肝油ドロップM400』で1000粒以上)
慢性
中毒
10万IU(国際単位)以上を1ヶ月以上継続的に摂取
(『カワイ肝油ドロップM400』で1000粒以上)
1万IU(国際単位)以上を1ヶ月以上継続的に摂取
(『カワイ肝油ドロップM400』で100粒以上)

(この数値は年齢や性別、健康状態により、多少変化いたします)

過剰症の症状には、下痢、腹痛、嘔吐、皮膚のかゆみなどがあります。
服用しすぎた時には、肝油ドロップの服用をしばらくの間中止していただければ、体内に蓄積されたビタミン類は自然に少なくなってきます。ご心配の場合は、かかりつけのお医者様や薬剤師の方にご相談ください。