トップメッセージ

“すべての人々が健康になる環境作りをお手伝いしたい。”私たち河合グループは、時代を超えて、皆様の健康をサポートして参りました。
取締役社長 河合 昭彦
河合製薬株式会社
河合薬業株式会社
代表取締役会長
河合 昭彦

~健康なくして教育はありえない~

これは薬学博士であり、創業者である河合亀太郎が掲げた「健康教育」という信念です。この信念は企業活動を行う際の理念として、現在も社員一人一人に大切に受け継がれています。

河合亀太郎は1911年に安定した固形乳剤である肝油ドロップの製造方法を開発、「ミツワ肝油ドロップ」の名称で製造販売を開始致しました。その後、河合製薬所の設立により「カワイ肝油ドロップ」に名称を変更、販売開始から一世紀を超える間、商品の提供を続けています。

カワイ肝油ドロップを中心とした医薬品・健康食品の事業においては、国内から海外に至るまで多くのお客様に当社の製品をご愛用頂いております。
これは、当社の開発技術であるゼリー剤形の製品に対して高いご評価と信頼を頂いている証であり、今後もゼリー基剤を活用して、より多くのお客様に満足して頂くことが出来る製品の開発を進めて参ります。

また、新規事業として取り組んできた幼稚園・保育園における園舎内外の清掃や砂場の管理など、こどもの環境・衛生面に着目したサービスについても、年々、ご採用を頂く教育機関が増えております。教育現場専門の清掃スタッフとして、今後さらに社員教育を徹底し、より高いレベルで当社のサービスに対してご満足を頂けるよう、鋭意努力を続けて参ります。

どんなに時代が変わろうとも、健康を願う人々の気持ちに変わりはありません。当社は次の100年、より一層社会のお役に立てるように、製品の一粒一粒から清掃の一拭きに至るまでこだわりを持ち、製造環境の改革、新製品・サービスの開発、社員教育の充実を行って参ります。
人々が健康になることに貢献したいと願い、これまでの実績に驕ることなく、なお一層の努力を重ねていく所存でございますので、今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い致します。